リフト飯のすすめ

スノーボード楽しいです。どうすればもっと楽しくなるかな?

Orangeのハイバックパックを2シーズン使ったのでレビューするよ。スノーボードのバインディングにつけるお洒落ポーチ

先シーズンにハイバックパックなるものを手に入れて実際に使ってみました。

ハイバックパックとは、バインディングのハイバック部分に付ける収納のことです。

このアイテム、なかなか使い勝手が良いですよ。

ということで今回はorangeのハイバックパックについてレビューします。2015-2016モデルですよ。

 f:id:nakanakanee:20161207215821j:plain

 

 

 

 

目次 

 

買おうと思ったきっかけ

お菓子、携帯ドライバー、エッジシャープナーなど、ゲレンデに持っていくものが増えてきた。

危ないので、携帯ドライバーやエッジシャープナーはウェアのポケットに入れたくない。

ネットでも売ってたけど、スノーボードショップに在庫があり、現物を見せてもらった流れで購入しました。

他の派手めな色の方が良かったかな、と思っていたものの、黒しかなかったのでまあいいか。

 

レビューしてみる

サイズ

ビッグマウスやeb’sなどの複数のブランドから出ていますがこれらと比較してみる。

orange    15×11×4.5 cm(実寸)

ビッグマウス  15×12×4  cm(カタログ値)

eb’s      15×11.8 cm(カタログ値)

(いずれも外形サイズ)

こうしてみるとハイバックパックの中では普通のサイズなのかなと思います。ハイバックの後ろのスペースは限られているので、このあたりが限界サイズなのかと思います。

 

中身はなに入れる?どのくらい入る?

 どのくらい収納できるのでしょうか。実際にものを入れて調べてみました。以下のような組み合わせなら入りますよ、というイメージが伝われば幸いです。

  ・リフト飯(カロリーメイト3個) ↓

f:id:nakanakanee:20161207220946j:plain

 ・液体ワックス・ワイヤーロック・スクレーパー(写真なし)

 ・携帯ドライバー・エッジシャープナー・ワイヤーロック・スクレーパー(写真なし)

 ・携帯ドライバー・液体ワックス・スクレーパー ↓

f:id:nakanakanee:20161207222017j:plain

スクレーパーは自作のコンパクトサイズのもの(透明で見えにくい)。

携帯ドライバーはVEROMAN のものです。これはラチェット式なのでグリップを持ち替えずにネジを締められます。しかもグリップが太めなので手がかじかんでいても握りやすいです。→VEROMAN スノーボード メンテナンスキット 工具

VEROMAN スノーボード メンテナンスキット 工具 (Clear Green)

これらが全部入ると思ってましたが、そこまでの収納力はありません。普通のポケットのようにフレキシブルに形が変わるわけではないので、仕方がないところ。

袋というよりは箱のイメージですかね。

しっりとした作りで型崩しないところがデザイン性に貢献しているということですね。

ゲレンデに持っていける荷物が増えることよりも、身に付けるには危険なもの用のポケットが確保できる点にこの製品の価値があるのかなと感じます。

 

 

ハイバックに付けてみた印象

 付け方は、

1.ハイバックに被せる。

2.スナップフィットを取り付ける。

以上!簡単ですね。

ハイバックに被せる部分はゴムで出来ています。ハイバックにリュックを背負わせてベルトをパチンと留める感じですね。

 

 ヒールカップの上に穴が開いているようなハイバックなら問題なく取り付けできそう。穴がないものでもヒールカップの下からベルトを回せば取り付け出来そうですが、ブーツの収まりが悪くなりそうな気がする。因みに、著者が使っているバインディングはBURTON CARTELですが、こちらのバインディングはハイバックパックを取り付けするのに最適な形状です。

f:id:nakanakanee:20161207222801j:plain

↑ ハイバックの角度を調整するつまみの両サイドの穴(横長)にハイバックパックのベルトを通します。 

 

 実際にバインディングに付けているときの様子↓バインディングが茶色なので目立たないですが、アクセントになりますね。

f:id:nakanakanee:20161208210824j:plain

ハイバックパックを付けて滑ってみた感想

邪魔に感じることはありませんでした。滑りへの影響なしです。検定受けるときもハイバックパックを付けたままでしたね。グラトリ練習するときも付けたままです。春雪では、ソールの汚れを取るためのスクレーパーや液体ワックスが入れられるのでメリットしか感じられなかったです。ええ、メリットしか感じられなかったです。

 

雪の影響はどの程度?

ハイバックに取り付けてあるのでそれなりに雪を被ります。ハイシーズンでは帰る際、ベルトに張り付いた雪を取るのに少々苦労します。(取らなくても平気だけど)

春先では、ハイバックとハイバックパックの間の水分は取れないので、帰るときにハイバックパックを外してタオルなどで拭くと良いと思います。ちなみに本体はさらっとした素材なので雪は簡単に取れます。 

 

中身への影響は?

滑っているときは意識しませんが、中身への影響が気になります。確認してみましょう。

エッジシャープナー → 袋に入れていたシャープナーが大暴れしてジップロックがぼろぼろでした。

f:id:nakanakanee:20161207223432j:plain

水分の影響で赤錆も見られます。

カロリーメイトを入れていた場合→外装が濡れています。

f:id:nakanakanee:20161207223608j:plain

気になる中身は、

f:id:nakanakanee:20161207223727j:plain

折れてません!コブに弾かれて乗り手の心は折れていたにも関わらず。

結構しっかりとした作りなので内部への衝撃は少ないのかも。

これら以外だと、日焼け止め・リップクリームなどの使用頻度が低いけど持って行きたいものを入れるのに最適かも。

基本的にはバインディングに付けっぱなしなので貴重品は入れられません。

取り外して休憩することも出来るけど、なんかね。

 

滑走中に外れる心配はあるか?

何度も転んだけどハイバックパックが外れることはありませんでした。

しっかりしてますね。

 

耐久性はいかに?

バックサイド側に転ぶとゲレンデとの摩擦で5日目くらいで外装のキズが目立つようになりました。中身が出る心配はありません。

f:id:nakanakanee:20161207222835j:plain

20日使うと上の写真のようになりました。まだまだ使えます。

 

その後も使用を続けましたが、使い始めて40日ほどのある日、バックサイド側に転んだ際にベルトが千切れてしまいました。合掌。

便利ですが、もっと耐久性が欲しいですね。

 

まとめ

重要な部分だけ抽出しますと、

 ・ウェアに入れるには危ないものを収納するのに便利

 ・滑っているときの影響はなし!

 ・買う前にハイバックの形状を確認しましょう

 という感じです。

 

「40回滑走で買い換える!」くらいの割り切りが必要かも。

使っている間は、邪魔な荷物から開放されてストレスフリーな状態で滑れました。

 orangeのハイバックパックのレビューは以上です。

 

 

 

 

blog.nakanakanee.com

 

blog.nakanakanee.com