リフト飯のすすめ

スノーボード、DIY。好なことをカタチにします。

匂わない匂いガラスでスクレーパーを作ってみた。スノーボード用スクレーパーの自作

私が使っているのはノーブランドのでっかいスクレーパー。

幅230mm、厚さは5 mmもあります(普通は幅150mm、厚さ3mm程度)。

広い面積を大雑把にスクレーピングするのにはいいのですが、しなりにくいために削りムラがでます。

厚さ3 mmで丁度いいサイズのスクレーパーを買おうか迷っていたところ、使っていないアクリル板を発見しました。

市販のスクレーパーもアクリルで作られているものと推測されます。

というわけで今回は、アクリル板を使ってスクレーパーを自作することにしました。

 

見つけたアクリル板。保護シートが半端に破れています。保護シートの接着剤も劣化しており上手に剥がせません。だが気にしない。

f:id:nakanakanee:20160709185606j:plain

 

さて、手元に使いやすいサイズのスクレーパーがないので、どのくらいの大きさにすれば良いのかわかりません。

そこで某有名ネット通販サイトでメジャーブランドのスクレーパーのサイズを調査。

各メーカーは以下のサイズのものを作っているようです。

 

        幅×縦×厚さ[mm]

SWIX     128×47×3

ドミネーター 145×60×3

ガリウム   145×60×3

 

とりあえずは145×60で作ってみて、大き過ぎと感じたら小さくすればいいかと考えました。

と、ここで問題が。

手持ちのハイバックパックには145mmの長さのものは入りません。120以下でないとダメっぽい。

計画を変更し、120×45×3のサイズにすることにしました。

 f:id:nakanakanee:20160709192804j:plain

油性ペンでマーキングし、プラスチック用カッターで切ります。

 

切断面を紙やすりで削って仕上げます。今回は100番あたりで荒削りし、400番で仕上げました。仕上げは600番でも良かったかも。

 

f:id:nakanakanee:20160709192935j:plain

粉末がたくさんでます。この作業は普段のスクレーピングでエッジを立てるために削る作業と基本は同じです。

 

ところでアクリルは昔、“匂いガラス”と呼ばれていたそうですが、このアクリル板は擦っても削っても特に匂いはしません。

製造技術の向上に伴い、匂いの元となる物質が除去されていったと言われており、その匂いは酸っぱかったり、甘かったりしたそうです。

関係があるかわかりませんが、アクリル用接着剤であるアクリダイン(二塩化メチレン)も少し甘い匂いでした。ちなみに二塩化メチレンは有害です。

 

f:id:nakanakanee:20160709192916j:plain

指先でエッジを触って仕上がりを確認する。

無事にスクレーパーのエッジが立ったので自分の板で試してみます。ノーズからテール方向に削ります。

 

f:id:nakanakanee:20160709192942j:plain

削っている手応えがあり、ゲレンデのカスが沢山取れます。ひとまず成功ですね。それにしてもこのサイズは少し小さく感じますね。

幅は120 mmで大丈夫そうですが、縦45 mmという部分で小さく感じるようです。ハイバックパックのサイズを再度計測してみましたが、60 mmは余裕で入りそうでした。60 mmで作ればよかったかなあ。

 

 

まとめ

スクレーパーは自分でも作れる!

自分で作れば好きなサイズが手に入る

幅150mm×縦60mm×厚さ3mmくらいが使いやすいサイズ

 

 

オルファ(OLFA) PカッターL型 205B

オルファ(OLFA) PカッターL型 205B

 

 

 

blog.nakanakanee.com

 

 

Sponsored Link