読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

リフト飯のすすめ

スノーボード、DIY。好なことをカタチにします。

K2 Happy Hour 2017 に試乗した評価&感想。カービングもいけちゃうフリースタイルボード!OGASAKA CTとの比較

ハンターマウンテン塩原でのスノーボード試乗会で乗ったのですが、試乗した板の中では一番楽しい板でした。K2のことはよく知らなかったのですが、この板によって自分の中でK2が高評価になりました。

 

Happy hour 2016-2017モデルです。基本的にはカービングのみでの評価となります。

 

Sponsored Link

 

目次

 

概要

3月26日のハンターマウンテン塩原のアルペン&スポーツデポの試乗会に参加してきました。

この日は3月の終わりとは思えないほどに気温が低くてンディションは最高でした。この板を試乗したのは時刻は午前11時。通常であればバーンが荒れてくる時間帯ですが、気温の低さのおかげでまだまだ滑りやすい状態でした。

 

K2のブースの担当の方に「K2の中でのカービングが出来るオールラウンドボードが乗りたいです」というリクエストをしたところ、このHappy Hourを勧めてくださいました。

今回はこちらの板を試乗した時の感想を書きたいと思います。

 

ちなみにこちら、基本的にはパーク向けのようです。

長さは154と157の2種類に試乗することが出来ました。

  

乗り手(レビュー者)について

乗り手である私のスペック。

身長167cm、体重60kg。脚力は普通。普段の滑りはカービング9.5:グラトリ0.5くらい。一週間前にJSBA1級取得したばかりという技術レベル。普段はOGASAKA CT156に乗っています。このため、基本的にはCTとの比較となっています。

 

バインディング : BURTON CARTEL

ブーツ : BURTON ION アジアンフィット

スタンス:52cmくらい。

ブーツはかなりヘタレてます。スタンスは推奨値ではなく極力普段のスタンスに近づけました。

  

デザイン・形状について

デッキのデザイン

f:id:nakanakanee:20161211201941j:plain

次にソールデザイン

f:id:nakanakanee:20161211202047j:plain

ソール・デッキのデザインは賛否あるようですが、先端が尖っている部分は個人的になんとなく好き。

ベンド形状(真横から見た形状)はフラットだそうです。K2はパーク向けのロッカーボードが多いようですが、この板はフラット。

ソール形状(直進方向から見た板の形状)はコンベックスでもコンケーブでもないフラットだそうです。

 

乗り味

154

f:id:nakanakanee:20161211202219j:plain

ターンの切り返し時のカツカツ感はなく安心して切り返しができました。フラット(ソール形状)らしい挙動です。カタログではフラットということになっているものの、実物はコンケーブしている板が少なくない中、この板はちゃんとフラットになっているようです。(個体差があるかも知れませんけどね。)

 

中斜面でのロングターンでは、形状・硬さからしてCTが圧勝と思われたのですが板のグリップ感は意外にもCT156と大差ないかなと感じました。

キャンバー形状でないとカービングはやりにくいと言われていますが、実際に乗ってみると想像していたほどではないことが判明。カービングのやりにくさは感じませんでした。CTの限界はもっと先にあると思いますので、私の技術レベルだと差を感じられないということかも知れません。

それよりも柔らかいフレックスにより板のたわみを感じやすかったことが印象的。柔らかい板はしなっている状態を乗り手に伝えてくれるようです。

 

CTも柔らかい板と言われていますが、これより2段階柔らかい感覚ですね。これからカービングを覚えようとしている人によってはCTよりいいかもしれません。もっとも、カービング目的であればCT-Mというよりよい板があるのでこっちを選ぶべきでしょうけどね。パークも入りたいけどカービングにも興味がある、または緩斜面でのグラトリとカービングを半々で楽しみたい、という人にはHappyHourの方が合ってそうです。

 

緩斜面でのショートターンでは、フレックスの柔らかさをさらに感じられました。両足均等荷重で板をたわませ、後ろ足に重心を移すことでたわみ量を調整する操作が妙に楽しかったですね。板のたわみ量によるターン弧の調整が簡単でした。低速でもよくしなってくれるので、その分ゆったりと操作すればよく、気持ち的にも体力的にもかなり楽。

CTだと反発が早いのでビヨンッビヨンッという早めのリズムになり、それに合ったリズムで乗り手も操作することが求められますが、HappyHourのようにフレックスの柔らかい板だとグニョーングニョーンというリズムなので、その分ゆったりと操作すればよく、気持ちに余裕を持って滑れます。

 

低速で板の限界を感じられるので、スノーボード始めたての人でも比較的安全に板の限界付近の挙動を感じられそうです。

 

157

f:id:nakanakanee:20161211202251j:plain

スペックを見ると、154より有効エッジが3cm長く、サイドカーブも0.1m大きくなっています。

 

154のときと同じコースを同じように滑ってみたところ、154と比べて

・エッジグリップが強い

・直進安定性が良い気がする

・長い分少し重く感じる

という違いを感じました。

 

これまで、1種類の板の長さ違いを乗り比べたことはなかったので、3cmの差なんて大して変わらないでしょ、と思っておりましたが、エッジグリップに関しては「こうも違うか」というくらいの違いがありましたね。

 

単純に、有効エッジが長い=エッジグリップが高いという法則の恩恵かと感じました。OGASAKA CT156より滑りやすいですね。

 

Happy Hour 154でもJSBA1級は十分取れそうだと感じました。さらにキレを出して加点狙うなら157って感じでしょうか。

板の性格上、ジブ&グラトリ8:カービング2くらいの人が選ぶ板だと思いますので、長めの板よりは中間か短めをチョイスすると良さそうです。

私の場合だと154か151ですね。

   

総評

・カービング性能は十分!

・グラトリとカービング両方やりたい人にぴったりかも

・Easy & Funという言葉がよく似合う一本!

 

試乗してから5ヶ月経過しましたが、いまだに楽しかった感覚が残っています。

名前負けしてない本当にHappyな板でした!

 

最後に、 ↓にamazonのリンクを貼っておきますね。よかったらご覧ください。

K2 Happy Hour

 

blog.nakanakanee.com

 

 

 

Sponsored Link