スノーボードのすすめ

スノーボード楽しいです。どうすればもっと楽しくなるかな?

春スノボで持って行くと便利なアイテム。おすすめグッズを紹介

まだまだ雪があっても3月はすっかり春シーズン。

雪質も柔らかくなり、シーズンアウトしてしまう人も出てきますね。

一方、5月まで滑れるスキー場もそれなりにあり、意外と長いのが春シーズン。

 

この春シーズンを楽しく滑れればスノーシーズンが2倍楽しくなります。間違いありません。

 

ということで、これがあれば春のスノーボード・スキーを快適・便利にできるおすすめのアイテムを紹介します。

 

 

目次

 

 

 

春用のバラクラバ

春になると気温が上がり、最高気温が10℃を超えることも。

こんな日に冬用のバラクラバだと暑いです。

 

雪からの照り返しもありゲレンデは紫外線が強いので何も被らないわけにはいきません。

フェイスマスクは比較的通気性は良いものの、顔の一部が露出するので紫外線対策としてはイマイチ。

 

そこで、UVカット機能が高く、通気性の良いバラクラバが欲しいところ。

 

フェイスマスク uvカット 目出し帽 フェイスカバー 日焼け止め 通気 速乾 フリーサイズ バイク 自転車 スポーツ用 多機能 夏用 フェイスマスク UPF50+ サラサラ触感

 
↑このバラクラバは安いのにしっかりとしたUVカットがされています。

 

なんとUPF50+です。

これはどういうことかというと、UPFという日焼けしにくさを示すパラメータの値が 50以上 ということです。

 

50 を超えると一律で 50+ と表示されます。つまり、実はUPF100相当かもしれない。夢がある。

 

monbellのスーパーメリノウールとの比較ですが、

長所:通気性が良く、息がこもらないので最高気温20℃の日でも使える。安い。

短所:ややサラサラした素材なのでビーニーがズレやすい


また、冬に使った場合どうなるかというと、
・寒い
・息がゴーグル内部に入ってきて曇る(鼻の横の空気の通り道を埋める工夫がない)

となるので、こちらは春専用として使っています。

 

5℃以下ならmonbellスーパーメリノウール、5℃を超えたらこいつに切り替えてます。

 

 

 

 


ポーチ

春シーズンは小物入れが活躍する季節。

 

なぜなら、パーカーやシャツはジャケットほどの収納力は期待できないから。


私は、リフト券、お金、おやつ、ティッシュ、ゴミ入れのジップロックを入れてます。

 

 

 

パスケース

私はジャケットの袖に付いているパスケースを使用していますが、春はパーカースタイルなので別途パスケースが必要になります。

 

↓こちらのタイプはカラビナも付いており、グローブを引っ掛ければ両手がフリーに出来きるので使いやすいです。

 

 

 


ハイバックパック

ちょっと鋭いものや硬いものなど、ポーチに入れたくないものを収納するのに便利。

 

ドライバーやスクレーパー、ワイヤーロック用にオススメ。

 

 


身につけられるスマホポーチ

パーカーやシャツにはスマホを収納できるポケットがありません。


かといってポーチやハイバックパックにスマホを入れるのは、落下や水濡れが心配です。

そんな時には、体に密着できるタイプのポーチがオススメです。

 

 

↑のものとは違うのですが、私はorangeのフィットバッグを斜め掛けして滑っています。(orangeのやつは絶版のようです)

 


別の選択肢としてネックストラップがありますが、ネックストラップだと、

・前方向に転んだ時、スマホが縦になって肋骨を粉砕する可能性がある。よって体に密着できるものが良い

・ネックストラップだと暴れるので、着地の瞬間などにストラップ部分に衝撃が加わり、スマホが外れ心配がある

という理由で、体に密着するタイプのスマホポーチがベターな選択だと思います。



ペットボトルホルダー

春のゲレンデは結構暑いので、飲み物を携帯できるとちょっとした休憩時に水分補給が出来て大変便利。

 

 

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ 登山 遠足 カラビナ付ペットボトルホルダー フラッグUM-1814

キャプテンスタッグ(CAPTAIN STAG) キャンプ 登山 遠足 カラビナ付ペットボトルホルダー フラッグUM-1814

 

 


リフトの上で飲むりんごジュースは美味しい。

携帯するときはカラビナをベルトループに引っ掛けます。
そして飲むときはベルトループからカラビナを外します。

 

ペットボトルは小さめサイズ(250〜350ml)が扱いやすいです。


身に付ける場所は後ろ足側の腰がいいと思います。
理由は、前足側に付けると転んだ時に身体の下にペットボトルが潜り込んで痛いからです。




メカニックグローブ

春雪のグローブ周りの悩みは、

・グローブが濡れて手がふやける
・グローブが汗を吸って臭くなる

といったことがありますが、この悩みの8割はメカニックグローブで解決します。

モデルローブ No.1100 メカニックグローブ Mサイズ ブラック  50枚



着けた感じは、
薄いゴムで出来ていますが意外と通気性があり、ふやけて手がシワシワになることがありません。
意外と伸びが良く破れにくいのも特徴です。

使い捨てなので汗をかいても気にならないのも利点です。

そしてなんと、メカニックグローブを着けたままスマホの操作が可能です。

ニトリルゴムの匂いが手に移りますが、水で洗えばすぐに落ちます。

 

モデルローブ No.1100 メカニックグローブ Mサイズ ブラック  50枚

モデルローブ No.1100 メカニックグローブ Mサイズ ブラック 50枚

 

 

おっと忘れるところでした。

残り1割は手が多少蒸れることにより解決しないことと、残り1割はゴムの臭いが手に移ることによる新たな悩みです。

 


テムレス

透湿性の高い機能性ゴム手袋として有名な頼れるテムレス先輩。

ショーワグローブ 【透湿防水】No281テムレス Lサイズ 1双



これがあれば
・濡れない
・蒸れない
・暑くない
と三拍子揃ってます。

ただし、青いカラー故にゴム手袋感が前面に出てしまい、常連に速攻でマークされる諸刃の剣。
素人にはオススメできない。

防寒性は強くないので朝一の冷え込みはちょっと辛く感じることも。
こういう場合は防寒テムレスという選択肢が光ります。

 

ショーワグローブ 【防寒手袋】No282防寒テムレス Mサイズ 1双

ショーワグローブ 【防寒手袋】No282防寒テムレス Mサイズ 1双

 

  

 

以上、春スノーボードを快適にしてくれる便利アイテムのご紹介でした!

 

 

blog.nakanakanee.com