スノーボードのすすめ

スノーボード楽しいです。どうすればもっと楽しくなるかな?

OGASAKA試乗レビュー2019-2020 FC157とFC160の比較

19-20シーズンモデルのOGASAKA試乗会にて、FT/SR156とSPROUT159以外に試乗したモデルのレビューです。FCを長さ違いで乗り比べたのでこちらについても。

 

目次

CT-IZ158

前シーズンは152を乗りました。カリカリバーンのショートが好印象でしたが、正直長さを間違えた感があったので今回は長めをチョイスしました。

f:id:nakanakanee:20190622234350j:plain

この日は完全なシャバ雪で乗り味の比較は難しい。
乗り味はCTとの大きな違いは感じられず。

CT156と比べてターン弧が大きくなるなという感覚。

サイドカーブサイズがCTと同じなので当たり前。ただしテールの硬さは感じられました。

前シーズン乗った時も感じたけど、やはりCTと同じ感覚で乗れると思う。CTと二本持ちは個人的にはないけど乗り換えだったらアリ。ワニも可愛く思えてきた。

前シーズンはどの長さも選び放題でしたが今シーズンは全て無くなることも。
2シーズン目にしてようやく注目されてきたようです。

 


FC157

前シーズンにカリカリバーンで乗ってロングもショートも楽しかったFC157。160も気になっていたので、比較用に157に試乗。

f:id:nakanakanee:20190622235714j:plain



低速で動かしやすい。操作性が良い。

切り返し時、ノーズのとらえが早いのでターンの入りがスムース。結果、谷回りを作りやすいため、柔らかい雪の山回りでノーズが詰まることもない。シャバシャバでも好印象な板。


切れるのはもちろん、ズラしも容易。ここまで切り替えしやすいならは157でコブに入れるのではなかろうか。
グラトリにも使えるという意味はこういう意味かと思うけど、自分には固すぎる。
テールはCT-IZLより硬い。

 

FC160

本命。

f:id:nakanakanee:20190623000306j:plain

157と比べて長くサイドカーブが大きくなっている分、ターンサイズとターンスピードが大きい。

+3cmの違い違いは感じない。感覚的には+2cmくらい。

セッティングは前足:内、後足:内。
シャバ雪カービング問題なし。
やっぱり足元の操作性は良い。

スタンスの調整幅は157と同じで最小値は52 cm。

ショートは少しやりにくい感覚。だがミドルはバッチリだと思う。

ショートのやり易さとコブを考慮するなら157、ミドル、ロングに全振りなら160か。

 
AST149

OGASAKA唯一のフルツインなので一度乗ってみたかった。

f:id:nakanakanee:20190623000450j:plain

意外と硬い板。手持ちのG8 151と比べても明らかに固い。
意外とキレて、なかなかターンが気持ち良い。
以前に乗ったAST154と同じような印象を持ちました。

 

コブにも使えそうな雰囲気。

オーリーした感じでは硬すぎて飛びにく感じた。

グラトリ板としては中上級者向けの印象。


machs156(Scooter)

Scooterの板も試乗しました。形がかっこいいというだけの理由で乗ってみました。

f:id:nakanakanee:20190623001543j:plain

縦落ち系のクルージングボードか。
ターン弧が大きく速くなるため、減速のためズラすと凹凸をモロに拾って取っ散らかる印象。
形はカッコいいんだけど難しい。
緩斜面から中斜面をクルージングするにちょうど良さそう。