スノーボードのすすめ

スノーボード楽しいです。どうすればもっと楽しくなるかな?

スノーボードのメンテナンス デスペラードti TypeR編

小雪、暖冬、コロナとスノーヤーにとって我慢が多かった19-20シーズンも終わり、板の片付けついでにメンテナンスを行いました。

 

今日は愛機の一本であるGRAY DESPERADO ti Type Rのデッキのメンテナンスを行った時のことを記事にします。

 

この板のデッキに貼られているのは、ソールの素材と同じシンタードです。

メーカー曰く、これが制振材となり滑走時の安定性が向上するとか。

 

実際にどれだけの効果を発揮しているのかはわかりませんが、抜群の安定性を誇る板であることは間違いありません。

 

多分15-16モデルで、今までデッキのメンテナンスはほぼやっていません。

現状、こんな感じ。

 

(部屋がめちゃくちゃ散らかっているので編集してます笑)

 

f:id:nakanakanee:20200517233638j:plain



f:id:nakanakanee:20200517233707j:plain





f:id:nakanakanee:20200517233606j:plain

 

年を追うごとに白っぽくなってしまっているので少しでも綺麗にしたい。

表面の汚れと、酸化(?)、毛羽立ち、バインディング取り付け跡が綺麗になれば良いかな。

 

 

まずは、表面をサンドペーパーでサンディングしていきます。

#100で磨きます。

左側半分のみ磨きます。

(写真)

 

f:id:nakanakanee:20200517233730j:plain



f:id:nakanakanee:20200517233750j:plain



f:id:nakanakanee:20200517233811j:plain



ご存知の方もいるかと思いますが、この板はメタル入りです。tiという名前の通りチタン入りです。

 

写真でもうっすらと確認できますが、バイン取付ネジから有効エッジに向かってV字にメタルのシルエットが見えます。

 

これがさりげないメタル入ってますよ感が出てカッコイイのです。

ただ、研磨したことでこの影が薄くなったような。

 

それはともかく、サンドペーパーの目詰まりが凄いです。水研ぎに切り替えます。

風呂場で作業。

目詰まりなく作業が可能になりました。

 

 

f:id:nakanakanee:20200517234354j:plain



f:id:nakanakanee:20200517234414j:plain



 

 

f:id:nakanakanee:20200517234932j:plain



f:id:nakanakanee:20200517235001j:plain



 

左側半分のみ研磨しました。

 

f:id:nakanakanee:20200517235021j:plain

 

f:id:nakanakanee:20200517235046j:plain



 

すっかりメタルの影が消えてしまっています。

サンディングによる毛羽立ちが原因かも。

スクレーピングしてみます。もちろん左側のみ。

 

f:id:nakanakanee:20200517235119j:plain



メタルの影がくっきりと浮かび上がってきました。

この方法で良さそうなので、右側も同様にサンディング→スクレーピングします。

そして仕上がったのがこちらです。

 

f:id:nakanakanee:20200517235148j:plain



f:id:nakanakanee:20200517235202j:plain



 

あれ、デスペRってこんな板だったっけ?笑

というくらい以前と違う雰囲気になってしまいました。メタルのシルエットがめちゃくちゃ強調されています。ちょっと恥ずかしい。

でも、、、見慣れてくると、、、これも悪くない。

仕上げにプレクサスというプラスチック保護剤をネジ穴に入らないように注意しながら塗布し、仕上げました。

同じシンタードでも、ソールであればワックス塗りっぱで完了ですが、デッキにはネジ穴があるので同じ方法というわけにはいきません。

スクレーピングしなくても、400番くらいのサンドペーパーで研磨すればメタルのシルエットをあまり強調せずに仕上げることもできるかと思います。

今回はまあこんな感じで終わりたいと思います。

この方法が参考になれば幸いです。それではまた!