リフト飯のすすめ

スノーボード、DIY。好なことをカタチにします。

スノーボードの傷予防!リフト待ちで後ろからコンコン当てられにくくする方法。

今シーズンは雪不足でしたが、待ちに待った寒波が到来しましたね。シーズンインに板を新調した人もいると思います。

板を買うと、「カッコイイニューボードで早く滑りたい!」っていうワクワクした気持ちと、「人が多いリフト待ちで板を当てられるのが心配…」という気持ちが交錯しませんか?

今回は特にそんな人向け。

スノーボードの傷を予防する方法です。

 

板を当てられるってどんな感じで?

要するにこういうこと。

 

 

f:id:nakanakanee:20160124212334j:plain

 

f:id:nakanakanee:20160124212341j:plain

コツン!

 

このように、リフト待ちで前に少し進んだとき、後ろの人が止まりきれなくて前の人の板に当てちゃうパターンです。中には止まる気が無いような人もいますが。

このとき、自分の板にキズが付いてしまうわけです。周りの人はおニューだろうが関係なしです。こういう人ってダリングしてない場合が多い気がする。

 

 

では本題

Q.リフト待ちで後ろの人に板を当てられにくくする方法とは?

 

A.止まっているときに板を立てる。

こういうことです。

 

通常、こんな姿勢でリフト待ちしてるところ、

f:id:nakanakanee:20160124212914j:plain

 

このように板を立てるのです。

f:id:nakanakanee:20160124213025j:plain

 

こうすることで、後ろの人が止まりきらなくても

 

f:id:nakanakanee:20160124215442j:plain

後ろの人の板は自分の板の下に入り込むわけです。

実際は、板の下に入れてくる人は(今のところ)いないので、

板の接触がなくなるというわけです。

 

後ろからコンコン当てられてるなー、と感じたらこれをやるとコンコンがなくなります。

 

コンコンされなくなる理由はよくわかりませんが、後ろの人の心理を勝手に推測すると、

 

周りとは一味違う姿勢

上手そう

近づきがたい(勘違い)

 

or

 

周りとは一味違う姿勢

変な人

変な人には近づくべからず

 

 

このどちらかではないでしょうか。

 

さらに、板を踏まれることへの予防にもなるのではないかと思います。

 

 

こちらは蹴り足の位置が前バージョン。どちらも効果に差はないように感じますので、お好みで。

f:id:nakanakanee:20160124221216j:plain

 

 

 

まとめ

・板を立てると後ろからのコンコンが減る。

・変なポーズかも知れない。それがどした。

 

 

 

効果を検証できたら追記します。

今回はこれまで!

 

Sponsored Link