リフト飯のすすめ

スノーボード、DIY。好なことをカタチにします。

間違えてる練習方法?グラブターンをするときの注意

グラブターンを知っていますか?

 

グラブターンとは、ターン中にエッジを掴む(グラブする)ことで、正しい姿勢を身につけられる、という練習方法です。

 

もう少し具体的に説明すると、

・バックサイドターンのとき→右手でつま先側のエッジを掴む(グラブする)

・フロントサイドターンのとき左手でカカト側のエッジを掴む

これらの動作をすることで”低い姿勢と強い外傾姿勢が身につく”というものです。

 

 

私も練習していましたが、実はこれ、バックサイドに限っていえばグラブするだけであればそれほど難しくないです。

というのも、このとき私が意識したコツはたった一つ。

ターン中に膝を曲げて小さくなること。

 

初心者のうちは膝を曲げることに対して恐怖心が働き、棒立ちや内倒してしまう人がいますので、ターン中に低い姿勢を取れるようになることは上達の過程で大切だと思います。ですが、低い姿勢だけを目指してしまうと、ある壁にぶち当たります。

何となくバックサイドターンがキレない。何となく上達してない。

 

自分なりに原因を考えていたのですが、いくら滑っても原因がわからないままでしたので、このときに生まれて初めてのスノーボードスクールに行きました。

そのときにインストラクターの方に最初に言われたことは

 

「バックサイドで荷重姿勢を取るのが早すぎる。」

 

要するに低い姿勢を取るのが早すぎるということでした。この指摘は意外でした。

バックサイドでグラブターンが出来るようになっていたことから、バックサイドターンはむしろ得意だと思っていましたので。

むしろ、ズレの大きいフロントサイドを指摘されるものかと。

 

この時にバックサイドでの姿勢を教えていただきましたが、その時のポイントは、

・もっと股関節を曲げること。

・荷重姿勢を取る前にまず角付けをすること。

 

このときはイメージを修正するのに手間取りましたが、youtubeなどでデモンストレーターの滑りと自分のをよく見比べることで決定的な違いを発見しました。

 

デモンストレーターのバックサイトターンでは、

・膝はそれほど曲がっていない

・その代わりに体をくの字曲げるようなフォーム

 

これのフォームを身につけるために意識するポイントは一つ。

 

”バックサイドターンでは常に膝を伸ばすこと”

 

少し極端な表現ですが、私の場合、グラブターンの練習の過程でとにかく膝を曲げるフォームを身につけていたので、膝を伸ばすくらいのイメージを持ったほうがフォーム修正が早いと考えたためです。ギャップを吸収するために最低限は曲げる必要はあると思います。

 

膝を曲げたバックサイドターンの何がいけないかというと、膝を曲げることで角付けが弱くなり、ズレやすいターンになってしまう、ということ。

スピードが低いうちはカービングになるのですが、スピードが上がってくるとズレまくりです。

 

そしてこれとは逆に、膝を伸ばすことで、つま先が上がり角付けが強くなります。ただし、これによって今までより重心が高くなるので、重心を低くするために股関節を曲げる(体をくの字に曲げる)=外傾姿勢の獲得

 

よく、「バックサイドターンの時はつま先を引き上げてね」というアドバイスがありますが、がっちりとしたブーツを履いた状態でつま先を引き上げる動作をしても効果は少ないと思います。(もちろん効果はあります)

これよりも、角付けに効果が高いのは膝を伸ばす動作です。

ふくらはぎでハイバックを押す、という表現でもいいかもしれません。言いたいことは同じです。

もともとハイバックってバックサイドターンで板を立てるための機構ですもんね。

 

イメージで説明すると、膝をちょっとだけ曲げながら前屈をするような感じです。

また、グラブするタイミングも大切です。

 

もっとも股関節と膝が曲がりやすいタイミングである、

・荷重姿勢を取ったとき

のときに トゥエッジに手を伸ばします。これはターン半ばから後半にかけてですね。

 

グラブターンの練習をするときは、グラブすることを目標にしてしまうと遠回りをすることになると思います。

この練習の目的は外傾姿勢の獲得強い角付けの習得であり、グラブすることで格好をつけるためではないのだということを実感したのでした(笑)

 

それでは、よいスノーボードライフを。

Sponsored Link